佐々木一成のブログ

JOYBRASS トロンボーンアドバイザー、佐々木一成のブログです

リサイタル終了!

どうも、アドバイザーの佐々木です。

 

鳥塚心輔さんとのトロンボーンデュオリサイタルが終わりました!

ご来場いただいた方々、本当にありがとうございました。

 

いや~

 めっちゃバテました

 

後半の1曲目が終わったらライフが一桁になってましたが、まあそれなりに想定内ではありました(笑)とはいえ策はあまりなくて、考えないようにしましたね。

それでも出ないもんは出ないと開き直って吹いてるとどこぞで少し復活するので不思議なものです。

 

本当に鳥塚さん、城さんに助けられてなんとか…という感じで終われました!

 

いやはや、勉強になることばかりでこれからもっと上手くなろうと思いましたね…。

 

ここまでなかなか本番というものから遠ざかっている中で、総じて自分らしさは出ていたと思うものの精度や音程感、テンポの感じ方などベーシックになるべきものが上手くいかないことが多くて、これらをどういった練習で出来るようになるかというところを試していきたいと思います。

 

なんとなくですが、音の倍音成分の鳴り方で感じる音程は意外とバラつくような気がしました。パツっとした音色だとわかりやすくてモワッとした感じだとわかりにくいみたいな…。実際はその極端ではなく、バランスがどこよりか、というところなんでしょうね。

今みたいな音色感のまま、音程の感覚をもう少し良くなるように色々とやってみます。

あとは発音ですかね、発音時の音程感が上記の音のままだと幅を感じてしまいぶれてしまうというか…。もちろん歌っていて、そこに狙ってはいるのですが響きの感じがいまいちそこを外してしまっている感じがしました。

 

でも、本当にやって良かったと心から思います。

これまで演奏するということに対してなかなか自発的になれませんでした。

プレイヤーとしての自分は、今まではむしろ上手くいかないことが多くて、評価されるということに対してとか自分がやりたいことというものに対してとか単純に自分がどれだけの技術かとか…鳥塚くん(同い年なのです)のひと押しはもちろんでしたが、ジョイブラスでお手伝いしている中での色々な縁でつながってこのリサイタルが出来たといっても良いと思います。それを感じてからはある種の、いろんな人に対しての「感謝祭」のようにしようと途中から思い始めて、自分らしい部分と合わせてどうやってお伝えしようかとか考えるようになりました。

初めてお目にかかるお客さまもいらっしゃいましたが、そういう方達も巻き込んで楽しい空間に出来たら良いな…と。

なのでなんというか緊張しながらもとてもアットホームな環境で演奏出来たことに本当に感謝してます。そしてこれからも少しづつ皆さんの前に立つ機会を増やしていこうと感じました。

 

ありがとうございました。

 

それでは、また。

 

 

 

マウスピース vol.4(Griego)

どうも、アドバイザーの佐々木です。

 

マウスピースメーカーの第3弾はGriegoです。

f:id:kazooy:20180907132515j:plain

えっ!いきなり?と声が聞こえてきそうですが…

良いんです(笑)

自分が通ってきたメーカーとそれにまつわる話が出来ればという個人的な話から広げていければと思っています。

そもそも第2回がクルトワだったですしね。

というわけで、そうですね…アレッシホーンを買ってから、もう8年ほど経つでしょうか?あれからさらに中古ですがもう1本買って今はそれをメインで使っています。

それまではクルトワの420MBO…といっても20年近く前のB&S時代のものです。クルトワ自体がB&Sに買収?されたかなんかで一時期このB&S時代の楽器がありました。それでも今と違い、フランスの工場も稼動してましたので「Made in France」と刻印されていました。その後ビュッフェグループがクルトワを買い戻し、B&Sも買収し、金管楽器の製造を一元化したためドイツ製クルトワが誕生したのでありました。

前置きが長くなりましたね(笑)

そんなクルトワを使いながらずっと思ってたのですが、

アレッシホーンを買う一年ほど前から、仕事したりするのに少しテイストの違う楽器が欲しいなと思い、色々と探していました。そこで見つけたのがエドワーズということでした。

エドワーズという楽器はアレッシをはじめ、アメリカのプレーヤーが多く使うようになり僕がちょうど高校を卒業したくらいから身近に見かけるようになりました。

ただ、エドワーズ自体にマウスピースは付いておらず、ゲッツェンの場合はGetzenと刻印されたマウスピースが付属だったように思います。僕の記憶ではグレイゴマウスピースは2000年半ばくらいから見かけるようになりましたかね…。

それで、アレッシホーンを購入した流れバックの5Gで吹いていたのですがイマイチしっくりこなくなってしまいました。

それで初めに買ったものがグレイゴNY4です。

まあ、単純に同じようなメーカーのところから出ているからというのとサイズ違いで吹き比べたところ多少大きいほうが良かったというのもありまして4サイズ、そして後々3サイズも買いました。この3サイズをしばらくは使い続けていましたね。

でも、なんだかしばらく経ってくると、どうしてもリムの感じというか違和感を感じていました。未だによくわからないのですがね…。

そうこうしてる内に出ました。

Griego - Alessi

このアレッシモデルはグレッグブラックにあるNYシリーズ(旧アレッシ)と比較的スペックが近いように作られているもののかなり違った印象があります。

これから探せば流石に合うでしょうと色々と吹いて買いましたね。

ただこれも、なんかリムが合わない感じがどうしても出てきます。

本当になんなんでしょう(笑)

吹いた感じは良い感じなんですが…音色は落ち着いた倍音を含んだ音といえば良いのか、温度でいうと少し冷たいというか座ったという感じの音色感がするイメージです。キャパシティも大きくハッキリとした質感になる傾向があると思います。

個人的にですが、このGriegoのマウスピースは個体差が多いように感じます。

ですので同じ型番でも結構違うなって思うことがそれなりにあるのですが、どういう作り方なのかすごい気になりますね。

今はモデルも増えて選択肢もかなりあるマウスピースメーカーとなりました。

楽器も比較的選ぶ傾向があると思いますが、選んでいけば合うものがみつかるはずです。これからもさらに進化していくメーカーだと思います。

 

今回はここまで、それではまた。

マウスピース vol.3(Courtois)

どうも、アドバイザーの佐々木です。

 

マウスピースの第二弾はクルトワです。18世紀の終わりころに創業した世界的にも老舗中の老舗の金管楽器メーカーです。

f:id:kazooy:20180823114555j:plain

前に書いたエピソードのように初めて買ってもらった楽器の付属品を使ったことくらいで実はそんなに吹いたことがないマウスピースです。

数を吹くようになったのはジョイブラスで入ってくるものを吹くようになってからですね。多くはベッケモデルですが、10PM、11PMといったモデルもあります。

音色は明るめで上目な倍音感をもつマウスピースです。6−1/2系のプレーヤーが揃うフランスの国柄もあり、大きめのサイズはほとんど見たことがないですが結構良いんじゃないかって気がしています。個人的には意外とクルトワ以外の楽器に合うような気がしますね。ヨーロッパっぽいと言われれば確かにと感じますが、この系統の音色感が好きであればメーカー問わずいけると思います。

 

このクルトワというマウスピースはバックと同じように古いものを探されてる方が多くいらっしゃる印象ですね、やはり現行で販売されているものと昔のものとでは違いがありまして、リムの縦の厚み(内径ではなく、外側=ブランクの見た目)が薄くネックがぼんやりとしたなめらかな作りになっています。僕も古めのものを持っているのですが、リムの厚みが厚くなったころのやつですね。良かったとは思いますがなにぶん小さいサイズなもので…。

プレイヤーでいうと元東京交響楽団の荻野昇さん、XOカルテットの若狭和良さんがずっと使われてた印象です。お二人ともwillie'sからモデルが出てますね。

「montee」「esprit」ともに昔のクルトワのマウスピースをコピーしたような作りになっています。

willie's 「esprit」

f:id:kazooy:20180824141839j:plain

私物のBecquet M

f:id:kazooy:20180824161516j:plain

どうですか?ネックのところは似てますね。 

そしてこれが現行のものです。

f:id:kazooy:20180830180756j:plain

昔のものと比べてかなり変わってるのに気づくはずです。

確実な違いというと正直良くわからないです(笑)僕自身が古いものを沢山吹いているわけではないですしね…。現行のものでも、バックとかとは全然違う印象を受けるはずです。6−1/2や5G系をお使いのかたであれば試して頂きたいと思います。

 

今回はここまで、それではまた。

それとリサイタル終わりました!その感想などはまた!!

質問に答えます vol.9

どうも、アドバイザーの佐々木です。

質問が来ましたので、ブログ上でもお答えしようと思います。

個別にはお答えしたのですが、あれから考えてある程度思ったことをブログにしようと思いました。

 

Q.
喉、口をあけて吹くよう指導されます。
しかし口、喉をあけるというより、軟口蓋をあげるが正解とききます。実際はどうなんでしょうか?
 
A.
そうですね、結論からいうと僕はあまり気にしてないです。というところでしょうか。
 
実はこの問題に関して色々と考えてみたのですが、確かに単音で出やすい音域の音の場合「喉を開ける」という動作をやってみることで音質の変化を感じることは出来ると思いますが、歌と違ってタンギングや音域の変化に対しても舌の位置で喉の状態はかなり変化するというところが落とし穴になるというのが意外と抜け落ちてしまうんじゃないかと感じています。
 
試しに自分で喉を開けているという動作をしながらチューニングとその1オクターブ上下のB♭を吹いてみてください、かなり吹いた感触が違うと感じると思うのです。さらにはタンギング、ダブルやトリプルもやってみてください。上手くいくなら良いですよ!でもこの「喉を開ける」という意識がやりづらさを生むんだとしたらあまり意味のなさないものになると思うのです。
 
あくまでも音の変化を体感することでその音を知る⇨色んな音域でその音色を再現するというのであれば良いですが、音を意識せず喉を意識することで上手くいかなくなるということもあるのではないでしょうか?
 
変化は必要だと思います、それは上達するプロセスにおいて変化を求めなければなかなか良くもならないと思いますが、個人的にいつも考えてるように、演奏時における意識した動作が少ないなら少ないほうが良いという考え方なので自分にとって良いと思われる「演奏」が出来ているかどうかという判断が大事なのであってそのためには「喉を開けなければならない」ということにはならないと思うんですよね。
全てを再現しようと考えるとそれらは様々な「縛り」みたいになっていってしまったりします。それを感覚的なところまで落とし込まないと実際に演奏するのが難しくなるんじゃないかと思っています。
 
前にも書いたようによりシンプルな動作で結果が良かったと思うものを少しづつでも選択していく感じが良いのかな?と思っています。
こんなところでどうでしょうか?わかりづらい等ありましたらメッセージくださいね!
 
質問お待ちしています。
メールなら【 kazooy1978@gmail.com 】かコメントでも受け付けれるようになりました!

マウスピース vol.2(Bach)

どうも、アドバイザーの佐々木です。

 

マウスピースの1回目はBachです。

f:id:kazooy:20180819112106p:plain

言わずとしれたトランペット、トロンボーンのビッグブランドです。今年が創業100周年ということでそれにちなんだモデルも出ましたね。

 

今までの記憶だと、バックのマウスピースはどこのお店にもあるような気がします。それほどまでに流通量も他のメーカーよりもはるかに多く、沢山の方が良くしっているメーカーではないでしょうか?

さらに、その歴史から現在出ている、色々なメーカーのマウスピースの原型になっていることがとても多くあります。元々はカスタムでいろいろなプレイヤーの意見を取り入れて作ってきた歴史もあり、型番と数値は必ずしも規則的ではないですね。

 

バックのマウスピースといえばその万能さが際立ちます、今良く見る型番の多くは色々な変遷を経て存在していて様々なニーズのなかで生き残ってきたものたちと言えます。ですので、ジョイブラスでもとりあえずバックから選んでおけば…的な状況はかなり多くありますね。

とはいえ本国のウェブサイトからカタログをみると通常とされるラインナップも普段お店でみるよりも随分と多く存在してることがわかります。

僕は5Gを良くつかっていました。6-1/2もいくつか持ってはいますが、サイズ的に苦手だったこともあり結果的に5Gを多く買うような感じになってましたね。

また、現在バックのトロンボーンを新品を買うと6-1/2Aが付属してきます。Bachを買ったことないので良く知らないのですが、これって昔は6-1/2ALとかじゃなかったんですかね?というのも留学中も6-1/2サイズのプレイヤーのほとんどがALを使ってたものですから…どうなんでしょう?

バックのマウスピースは個人的にはちょうど良い音色感、本当にスタンダードと言えるようなマウスピースで硬すぎず柔らかすぎず、倍音も多すぎず、少なすぎず、明るさもちょうど良いと思います。

比較的どの楽器でも問題と感じたことはないですし、リム形状がサイズによって大体決まっているのでそれが合うかどうかというところになります。

リムだとノーマル、ラウンド、ワイドあたりがありまして。

ノーマルリムが右の写真です。

f:id:kazooy:20180819184552j:plainf:id:kazooy:20180822162439j:plain

右がラウンドリムです。5GB や4GBがラウンドリムです。(若干見づらくてすみません)

ラウンドリムは僕は苦手です…、どちらかというとフラットなほうが好みです。

ワイドリムは無かったので写真はありませんが、記憶にあるのはワイドかつラウンドっぽいリムになっていたような…

あとはバックボアですが、5GSの太管だけ5、6mmくらいの長さでバックボアの最後が広がるように削ってあります。オフィシャルのリストだとmodified(修正した)と記されてます。

これも、プレーヤーのどなたかのアイデアなんでしょうね…きっと。

写真とりましたが、見づらいですね(笑)わかりますでしょうか?

左が5GS、右が5GLです。

f:id:kazooy:20180819192550j:plainf:id:kazooy:20180822162922j:plain

こうみると結構違うものです。

今回リストを見てて初めて知ったのですが

6-1/2Aから1-1/4Gまでの普通のモデルのスロート、バックボアは同じなんですね!(ぱっと見よくわからないですが…)うーん、面白い。それでもバランスなんでしょう、内径と深さで違いがちゃんとそれぞれ出るのはすごいと思います。

それとウエイト重めが良ければメガトーンやアルティザンもありますしね。

メガトーンの場合、普通のタイプのものと比べてスロートが少し大きくなっています、これも全体のバランスを考えられてのことでしょう。またアルティザンは古いマウスピースを元に作られているようですが…

左がいわゆるニューヨークバック12、右がアルティザン6−1/2ALです。

f:id:kazooy:20180822155309j:plainf:id:kazooy:20180822161545j:plain

まあ、似てると言われれば似てるような感じですね、どうでしょうか?

現行のものと比べて全体的に縦長なフォルムといいましょうか。

当時は職人さんが1本ずつ手作業で作っていたせいもあり個体の状態のバラつきも大きく形も様々なところもあったのでどのタイプを採用したかで変わるとは思います。たしかにネット上で見かけるものも、昔のマウスピースの多くが若干縦長な感じでしたね。

 

一口にバックといってもその歴史と製作された本数で誰しもが通るといっても過言ではないくらい一般的なマウスピースとなりました。僕が留学していたフランスでも沢山のプレイヤーがバックを使用していたように思います。

 

迷ったときには今一度バックを。

 

今回はここまで、それではまた。

 

これ聴いてみよう vol.3

どうも、アドバイザーの佐々木です。

アドバイザーのこれ聴いてみようの3回目です。

 

今回の曲は

クリスチャン・リンドバーグ(リンドベリ)のヴィヴァルディの冬です。

www.youtube.com

僕らの世代から上の方々は聴いたことあると思うのですが、若い子はあまり知らないかな〜?

 

この曲、「the winter trombone」というアルバムに入っていてヴァイオリンのソロパートをそのままトロンボーンでやっているという超絶系の演奏です。

上にある動画は一楽章だけのものですが、2楽章のメロディは良くしられているんじゃないでしょうか。

この曲自体はアルトトロンボーンでやっているみたいですね、早い、高い、跳躍はリンドバーグらしさを十分に発揮しているものの、動画の2分20秒くらいから始まるトレモロは未だに笑いが出てくるほど出来る気がしない技術ですね。

これどうなっているんでしょ?理屈ではわかるのですが出来るイメージが全くわきません(笑)息もどんだけ続くんだと思います。

リンドバーグといえば超絶技巧のイメージが先行しがちですが、実は彼の歌い方がとても僕は好きですね。ゆっくりした曲の歌の感じとか凄く良いですよ!良い意味でトロンボーンらしくないというか。

昔から思っているのですが、この人の頭の中になっている音は弦楽器のそれに近いのではないかと思うんですよね。音のスピード感やビブラートの感じと聴いてるとそう思います。

 

最近は指揮者としても精力的に活動しているリンドバーグですが、トロンボーンは表現の一つのツールに過ぎないんだな、と思わせるプレーヤーです。

 

 

今回はここまで、それではまた。

 

マウスピース vol.1

どうも、アドバイザーの佐々木です。

 

マウスピースの回ですが、まずは自分の経験してきたことを少し書こうと思います。

 

前回書いたように、僕が初めて自分のマウスピースとして吹き始めたのは高2の2月にクルトワを買ってもらったものに付属していたBecquetモデルでした。

当時は全くと言っていいほど道具自体には無頓着でしたね、当時習っていた若狭和良さんは楽器のセッティングを常に調整されている方で、レッスン中でもちょっとした部分をいじっては「どっちが良い」と聞かせてくれました。マウスピースも色々と試されてたと思います。

なのでちょっとしたことで楽器は変化をするということは認識していましたが、高校からちゃんと始めたトロンボーンという楽器、パリトロに憧れ買ってもらったクルトワ、それに付いていたベッケモデルのマウスピース、これだけで他のを使おうという意識は全くなかったです(笑)

むしろ道具は揃った「これで、しっかり練習しよう!」と思ってたのでした。そこから3年くらいそのままずっと使いつづけていましたね。

良く覚えていることがあって、留学1年目でしたか、あるときレッスン中に先生のマウスピースを吹かせてもらったことがあったんですね。忘れもしないBachの6-1/2AL、衝撃的に凄く良くてまわりの生徒たちもそっちのほうが良いよと勧められましたが、その個体を譲ってもらうわけにもいかず…ただ自分の使っているものも特にダメだとは感じなかったのと吹けない部分は上達することでカバーできると思っていました。

なので、そこまで切迫したような感じはなくそのまま過ごしていましたね。

 

その時はとにかく出だしのタンギング、低音の音色、ダイナミクスがずっと気になっていました。もちろん僕の技術に問題があったのですが、道具もちゃんと考えていられたらな…と今なら考えます。

 

もちろん、当時のことを思うとマウスピースのサイズのことだけではなく、色々な要因があるとは思っています。それでも、少しでもやりやすい道具を選択することで、初めたばかりの吹けない環境から自身の練習でなんとかできる余地をより多く残せるのではないかと個人的には思います。まあその判断はなかなかに難しいですよね、なので前回書いたように知っておくというのは大事かな?お店とかで相談してもらえればお手伝いできると思います。自分のベストサイズも試していかないとわからないと思いますし。

 

 それと、現在自分は6-1/2サイズはそれなりに吹けるようになっています。

このことで感じるのは基本的な奏法がある程度出来る…もしくはサイズ別に慣れてしまえばある程度使えるという状態になるのではないでしょうか?色々と吹いていくなかで自分の唇のリードの状態というのが確定していくものではないでしょうか?

そんなことを思います。

 

今回はここまで、それではまた。